Disp_Rider’s blog

少しパソコンに詳しいだけですが、最近の技術を取り入れようとしている過程を紹介します。

Officeを買う!

f:id:Disp_Rider:20190219102910p:plain

 今年は色々と本業以外のところで仕事を回していただき、書類仕事に追われる日々を過ごしております。
 そのため、毎日Excel、Wordのお世話になっています。

 しかし、今使用しているOfficeはWindows専用品です。
 今はメインで使用しているPCはMacを使っているのですが、Mac用のExcelを購入していないので色々と都合が悪いです。

 簡単なものならMacに初めから入っているNumbers(表計算ソフト)とPages(文書作成ソフト)で作成するのですが、私のところに届く資料は全てExcelとWordです。


変換して使ってもいいのですが、ビミョーに設定が変わるのがいただけません。

なので、Mac版のOfficeを購入しようと思います。

 

 購入形態を選ぶ 

Office製品の購入方法は大まかに2パターンあります。

 1.使う期間に応じて利用代金を支払うもの(Office365)

 2.一度購入すればずっと使えるもの(Office 永続版)

 

それぞれには以下の特徴があります。

  • 1.Office365は1ヶ月もしくは1ヶ年単位での利用契約のため、毎月・毎年利用料がかかりますが、常に最新のOffice製品が利用可能です。
    また、同時に5台のPCもしくはタブレット等で利用可能です。
  • 2.Office(永続版)の場合は、一度購入すれば以降、費用はかかりません。
    しかし、新しいOfficeが販売されてもバージョンアップすることはできず、購入したバージョンしか使えません。
    一番の欠点ともいうポイントが、PCを買い換えた場合、WindowsWindows なら問題なくOfficeを再インストールできますが、Macに買い換えた場合、Officeは買い直さないといけません。 

 費 用 は ? 

 簡単に説明すると「PCの利用期間」でトータルのコストが変わってきます。
例えば、


 ・Office365Solo が1年で約12,000円  5年で 60,000円
 ・Office永続版 の購入金額が約37,000円  5年でも37,000円


 3年以上使うようにすると「永続版の方が安く」なります。

※Office365は5台まで使えますが、ここでは単純に購入額だけで比較しています。

 

 ま と め 

じゃあどちらがいいのかというと、

  • 1台のPCだけを5年ほど使い続ける場合、Office永続版を購入した方がコストパフォーマンスはいいです。(最近はOffice入りのPCも安くなってきていますね。)
  • 2台以上のPCを使っており、それぞれのPCでOffice製品を使う必要がある場合、Office365の方が安くなります。

 

このように使う人のPCの台数、使い方でどちらがいいのか変わってきます。
購入する前に一度確認してからにした方が、良いかと思います。

 

 参 考 

 ちなみに、私は複数台PCを所有しており、かつ、WindowsMac両方を所有しているため、すべてのPCで使えるOffice365にしました。
しかも、OneDrive1Tbyteも付いてくるので、クラウドへ保存し放題です。
むしろ、この1Tのために購入しました。
ちなみにDropBoxの有料版DropBoxPlus(1Tbyte)の利用料は年12,000円です。(月額1,300円)
これだけでも、お得だと思いますよ。

 

本のPDF化に挑戦

先日、ブログの教本を購入しました。

 

しかし、本を持ち歩くのはかさばるので、普段から持ち歩いているiPadにデータとして入れることができないかな、と思いPDF化をしてみました。

※スキャンした本を他人に譲渡することは違法です。法律の範囲内で快適な読書ができるようにしましょう。

今回購入した本はコチラ。

f:id:Disp_Rider:20190212225353j:plain「世界一優しいブログの教科書」:染谷昌利さん著

 

 特に決め手はありませんが、分かりやすいのかな?と思い、本屋さんでかる〜く立ち読みしてから決めました。

たっぷり300ページほどあります。
しかし、うちには便利なスキャナーはありません。
そこで、PDF化してくれる便利なアプリを使います。
Adobe Scan」

f:id:Disp_Rider:20190212230532p:plain

 少し前に会社の先輩より、「便利だよー」と教えられ、スマホにインストールしたまま忘れていたアプリです。
せっかくなのでコチラを使ってPDF化をしてみました。

 

 ページ数の多い物は事前準備が大切 

 初めて使うため、特に準備もしないまま始めてしまいましたが、これが失敗の元。

 紙がたわんでまっすぐ撮影できない!

 最初の数ページは簡単にできましたが、10ページを超えたあたりからしっかり折り目をつけても戻ろうとする。
 何か紙を抑えるものが必要です。

 そこで手元にあった定規を使ってみました。
 が、失敗。それでも歪んで撮影されます。

f:id:Disp_Rider:20190212225537j:plain

 次に本の下に厚みのあるものを置いてみました。
 (ちなみにYOGABOOKを下敷きにしました)

f:id:Disp_Rider:20190212230409j:plain

 これは意外にうまく行きました。
 しかし、100ページを超えたあたりから厚みが合わなくなり、使えません。

 

最終的には、撮影しないページを立て、ダンボールで紙を抑えながら撮影しました。

f:id:Disp_Rider:20190212230432j:plain

このやり方が一番うまく撮影できました。

 

 立ち作業はキツイ 

 次に立ちはだかったのは、作業量の多さです。

 机の上で作業しましたが、1ページずつ撮影するので300回同じことの繰り返しです。

 右側のページを撮影したら、紙押さえを入れ替えて左のページの撮影。

 また右側のページの撮影…

 シャッターボタンを押す必要がないのが幸いですが、それでもキツイ。

 スマホを固定するものを用意した方がいいです。

 準備もせず作業を始めたため、スマホを固定する丁度いい台などなく、今回は気合いで乗り切りました。

 

明るい時に作業しよう 

 全ページの撮影が終わったら、次はアプリで撮影範囲の確認作業です。

 1ページごとに文字の傾きやPDFにするエリアを調整していくのですが、この時に失敗に気づきました。

 それは光の当たり方です。

 昼光色の作業ランプを本に当てながら撮影していましたが、光が反射して文字が見えないページがありました…

 かなり凹みましたが、もう一度撮影しました…涙

 流石に2回目になるとコツが掴めてきたのか納得のいくものに仕上がりました。

 

上手に撮影する注意点 

 折り目は初めにつけておく。もしくは1ページごと切っておく。

 本のページを固定するものを準備

 明かりは強すぎず、拡散させる。

 撮影するスマホを固定する。

この4点を事前に準備しておけば大量のページでもPDF化ができると思います。

 

自分なりのマウスの選び方

今のパソコンにはマウスなどのポインティングデバイスが必ず必要ですね。

ノートパソコンならトラックパッドが必ずついています。

しかし、長く使っていると、汚れたり、壊れたり、使い勝手に不満が出たりするはずです。

そうなったらマウスを変えてみようと思いますよね。

しかし、量販店にマウスを買いに行ったとしても大抵の方は値段で選ぶと思います。

パソコンのデバイスの中でもキーボードとマウスは自分の体に触れる時間の長い、大切な機器です。

なるべく自分に合ったものを使ってもらいたいと思っていますので、今まで様々なデバイスを使ってみて、自分なりの選び方を紹介したいと思います。

選ぶポイント

1.有線なのか、無線なのか

 無 線 

 大抵の方は無線を選ぶと思います。

 パソコンの用途がWEB閲覧、文書作成等なら無線が使いやすいです。

 あとは接続方法をレシーバー型かBluetooth型のどちらから選ぶかだけです。

 注意点として、Bluetooth型は機種によりスリープ状態があるため、キーボード入力した後にマウスを動かそうとしたら、一瞬動かない、といったことがあります。

マウス操作が主な場合はBluetooth型、キーボードとマウスの両方を使う場合はレシーバー型が良いです。

 

・レシーバー型

 2,000円以下の物は手にとって気に入った物ならなんでも良いと思います。

性能からいくと、値段は高いですが、こちらは便利です。

Logicool  MX Anywhere2s

Logicool ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S ワイヤレス モバイルマウス グラファイト FLOW Bluetooth/USB接続 Windows・Mac対応 レーザー採用

 手に収まる感じや、狭い場所でマウスを操作する際の持ち上げ易さ、ホイールのスムーズな回転、使えば使うほど手に馴染んできます。

 また、Logicool製品はレシーバーにも特徴があり、1つのUSBレシーバーでマウス、キーボードの両方を操作することができます。

USB端子の少ないノートPCにはもってこいの機能です。

 

Bluetooth接続型

バッファロー BSMBB27S

BUFFALO Bluetooth3.0対応 BlueLEDマウス 静音/5ボタン/横スクロール ブラック BSMBB27SBK

 

定価は5,000円を超えますが、程よい重量感、持ちやすさ、ボタンの静音も良いので、クリックの音が気になる方にはオススメです。

 

 有 線 
 有線接続ですが、ゲームを主体と考えているなら、有線接続が良いです。

 無線接続でも問題ありませんが、一瞬のタイムラグが気になります。 

 最近は高性能なパソコンじゃなくてもFPS系のゲームができるようになりましたので、ゲームをやりたいと考えている方は有線マウスを購入すると良いです。

ゲームのジャンルにより、サイドボタンの有無、DPI(マウスを動かした際のカーソルの移動量、この数値が大きいとマウスを少し動かしただけでカーソルを大きく移動させれます。)を考えて決めた方がいいです。

Razer DEATHADDER ELITE

Razer DeathAdder Elite エルゴノミック ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02010100-R3A1

定価では8000円を超えますが、ゲーミングマウスの中では安価で、マウスを動かした時のカーソルの追従性もスムーズで使いやすいです。

 

2.特殊な使い方をするのか 

複数のパソコンを1つのマウス、キーボードで操作する

 特殊な例としては、同時に2〜3台のパソコンを使う場合です。

 この場合はUSBの切り替え機にマウスとキーボードを繋いで切り替えながら使う手がありますが、私はBluetoothマウスとキーボードのセットをお勧めします。

 Bluetooth型の中には複数台のPCを切り替えて利用できる機能がついています。

また、Logicool製のマウスの一部にはFlowと言う機能があり、この機能は異なるPC間でシームレスにマウス+キーボードを切り替えて利用できると言う機能です。

言葉で説明するのは難しいのですが、この機能は素晴らしいです。

使用するには条件がありますが、一度設定さえ済ませておけば、MacからWindowsへドラッグ&ドロップでデータ移動ができるようになります。

 

3.マウスのボタンの数

 昔のマウスは必ず2ボタン(UNIXだと3ボタン、Macだと1ボタン)でしたが、現在は2ボタン+スクロールが付いています。

通常使用するには支障はありません。

しかし、5ボタンマウスを一度使ってみてください。

Web閲覧で5ボタンを使う場合は、

 リンクのクリック(左クリック)、コンテキストメニュー(右クリック)、画面のスクロール(ホイール)

 これに、進む、戻るが追加されます。(カスタマイズは可能)

 1つ前のページに戻りたいなと言う時にブラウザの戻るボタンを押さなくてむ済むようになります。

と、ここまでは通常の使い方ですが、5ボタン以上はカスタマイズすると使い勝手が格段に向上します。

 例えば、文書作成が多い方は第4、5ボタンに最大化、最小化を登録しておくと、参考となる文書の閲覧・切り替えが簡単にできるため、効率化が図れます。

 

4.まとめ

デスクトップなのか、ノートなのか。

使う場所は机か、移動中か。

書類を作るのか、ゲームをするのか。

などで、選び方がかわってきます。

しかし、一番大切なのは「自分の手に合っているのか」です。

触る時間の長い機械なので購入する際には”実際に触ってから決める”のが一番後悔しません。

皆さんの参考となれば幸いです。

 


参考までに自分の使っている環境と機種を紹介したいと思います。

 1.自宅

       Windows機1、Windows機2、Macbook (会計処理用、動画編集用)

  キーボード:Logicool製 K375s

   LOGICOOL ロジクール K370s PC/スマホ/タブレット対応 マルチデバイス Bluetooth ワイヤレス キーボード (スタンド付属)

  マウス  :Logicool製 M720(Flow機能使用)

   Logicool ロジクール M720 トライアスロンマウス Bluetooth マルチデバイス Windows Mac OS Chrome OS Android対応 FLOW機能搭載

 

   3台もパソコンがあると切替式じゃないと机の上がひどいことになります。笑

 

2.モバイル用

  Windows機(Web閲覧、メール作成用)

  マウス :Logicool製 MX1600sGR

  Logicool ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S ワイヤレス モバイルマウス グラファイト FLOW Bluetooth/USB接続 Windows・Mac対応 レーザー採用

  普段はモバイル機のタッチパッドを使っていますが、念の為、マウスも持ち歩いています。喫茶店などの机で作業するときは小さくて便利です。

  3.会社

  WindowsiMac(文章作成、サーバ管理用)

  キーボード: Applekeyboard(有線)

  Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

  マウス  :  Magictrackpad + MagicMouse

  Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A  Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A

  メインはMacなので純正品が使いやすいです。

  難点はWin対応ではないので、Windowsで作業する際はWinキーなど使えないキーがあります。また、ショートカットも使えないものがあります。

ノートパソコンが増えちゃった

Windows7の延長サポートもあと1年になってしまいましたね。

xpの時のように問題にならなければいいのですが…

 

その影で話題に登りませんが、WindowsServer2008も切れてしまいますね。

仕事柄、この手の話題をよく耳にします。

 

私の会社でもPCの入れ替えを準備しており、発注の準備が進んでいます。

しかし倉庫が一杯で納品できなそう 笑

 

と言うことで年明けからずっと片つけ作業の日々でした。

捨てられないものだらけだったので、結局のところ置き場所を替えただけだったのですが、整理棚の配置がマチマチなので、涙の倉庫番スペシャル(知っている人はいるかな?)でした。

 

苦労した甲斐があって、いくつか戦利品を手にしました。

Richo reportとかFMTownsとかも有ったのですが、それらは直ぐに処分しました。

10base2の端子やsasiのターミナルなんてものもありました。もちろんこれらもゴミ箱直行です。

いつのものか分からないFWとかAR560とかISDNルーターとかザックザク 汗

一体誰がこんな物を取って置いたのか…

 

そんな戦利品(ゴミ)の中でも、中々使えそうなのがコレ

f:id:Disp_Rider:20190119145456j:image

iBook G4(late2008)です!

通電確認したところ、バッテリーに充電できました。

 

外観は年相応ってところで、汚いです。

f:id:Disp_Rider:20190119150028j:image

汚れはそのうちにクリーニングするとして、

問題の中身は、

f:id:Disp_Rider:20190120175148j:image

生きています!

残念なことにAirmacカードが付いて無かったのでWifiに繋げないのですが、有線でいけそうです。

 

f:id:Disp_Rider:20190120175233j:image

OS X 10.3.9が入っていました。

 

このibook でどこまで出来るかわかりませんが、Adobe AIRをいれてscratchとかに使えたらなぁ、と考えています。

 

他にも戦利品はあるので、修理の予定が立てれたら掲載してみるかもしれません。

ウィルス対策していなかった

昨年末のことです。

日本全国のご家庭で起きていた「年賀状作成」にウチも参加していた時に気が付いたのですが、マカフィーさんが「有効期限が切れています。更新してください!」と脅迫まがいの催促を受けました(笑)

 

年賀状を作っているPCはMMORPGの「Tree of Savior」をやるためにBTOしたゲーミングパソコンです。

↑このくらい性能がいいヤツが欲しかったけど、高くて買えません(涙) 

 

しかし、マカフィーさんが更新を催促してきたってことは・・・

 

数か月電源すら入れていませんでした。ゲームもやっていませんでした。

 

アカウント消されてる心配もありますが、まず先にセキュリティソフトを更新しようと思いました。(年賀状作成が終わったら)

 

このPCには初めからマカフィーが入っていたのですが、せっかくなので違うメーカーのソフトを入れてみようと思い、物色をしてみたのですが、様々なサイトでいろいろな情報がありますね。

 ESETが軽くていい

 いやノートンのほうがいい

 カスペルスキーは頑丈だ

などなど、調べるほどに迷ってしまいそうです。

結局カスペルスキーを導入することに決めましたが、決め手はインストール台数無制限のプレミアライセンスでした。

何故かと言うと、昨年の8月ごろにパソコンの提供が一気に5台も来てしまい、ライセンスを切り替えながら自宅サーバー設置のテストをしていました。

ライセンス切り替えるのが正直めんどくさかったので、また、こんなことが起きてもいいように予防線を張りました。

 

カスペルスキーを導入してまだ半月程度ですが、何も問題は起きていません。

ただし、本体と一緒にインストールされる「セキュアコネクション(別料金)」は自宅PCの場合は不要です。(たぶん)

さっさと削除する必要があります。

 

そのほかには、標準機能で提供されているネット決済保護機能ですが、ウチの回線では

 

 

遅くなってしまいイライラします。

機能としては大切なものですので、使いたいのですが…

対応策として、物色するときは保護OFF。購入決定の時だけ保護ON。と使い分けることにしました。

 

さすがにプレミアライセンスが必要な方がこの記事を読むことがないと思いますので、普通の広告を張り付けておきますので興味がありましたらポチっとしてください。

 

この時期はまだおせちですね

ついに平成最期の年がやって来ました。

 

あと4ヶ月で平成も終わりますが、年号が変わることがわかっているのに、なぜ新しい年号の公表が4月なんでしょうか?

 

印刷業者とかシステム開発は早く教えろと思っているはずです…たぶん

行政の仕事は不思議なことがいっぱいです。

 

新年の楽しみと言えば、寝正月!

でしたが、最近は食べ物が楽しみになってきました。

 

義母からいただくお餅がダントツで旨いのですが、お腹を満たすのではなく有ったら食べてしまう「田作り」にハマっています。

シンプルな小魚だけも良いのですが、若干のアレンジをしてみたらしをかけたものや、クルミを混ぜたもの、水飴と和えたものなどバリエーションは無限大です!

 

しかも「太り難い」のもありがたいです。

 

1年ぶりのブログ記事を書きながらつまめるのも嬉しいですね。

クックパッド」などで検索すればもっと自分好みのアレンジが見つかると思いますが、今は小魚+クルミのみたらし和えがNo.1になっています。

 

現在は元旦でも好きなものが食べれる時代ですが、昔ながらのおせち+1も侮れませんよ。

まあまあなお味

仕事帰りになんとなくしょっぱい煎餅が食べたくなり、

何気なく立ち寄ったスーパーで見つけました。

f:id:Disp_Rider:20171208212451j:plain

「手塩屋 赤いきつね味」

 

もともと手塩屋の塩味はお気に入りで、時々買っていたのですが、

赤いきつね味は初めて見つけました。

 

肝心なお味は・・・

 

風味は赤いきつねですね。

個人的にはちょっと塩味が足りないかな?

いや、全体的にもっと味が濃い方が好きかな。

ってところです。

 

なんて、偉そうなことを言って見たものの、ついつい手が伸び、

2枚、3枚と食べてしまっていました・・・。

 

もし、見かけたら食べて見てください。